とも実@メンタル鍛え直し学習途中 HSS型HSP

心の解放と言葉の居場所を。

ニートだけど12年前の自分に言いたいこと。

 

ゴミ出しをした朝。

初夏を思わせるような温かい気温と香りがした。昨夜の雨の湿気を一瞬感じたが、今日はカラカラの1日になるだろうと確信した朝であった。

このまま散歩に行きたいくらいだな。

でも部屋でゆっくりコーヒーを飲む方を選んだ。

 

桜が散ってゆく。

今年は開花が早かった分、葉桜も早い。

今年も桜並木の中をランニング出来て満足だ。

わたしにとっては花見が出来なくとも走ることさえできれば「春」を感じられる事が出来る。

 

心の中で12年前上京した時を思い出した。

月日が流れるのは思い返せばあっという間だ。

コ◯ナも終息していつか、「あんな事もあったな」と、見えないくせに大きく記憶に残るこのウィルスをのんびりと思い出す日がいつか来るんだろうな。

 

新入生。新入社員のみなさま。

今は明るくないニュースでまだまだ気が滅入るけど、みなさまの未来は明るいです。

 

わたしも12年前、まだ見ぬ自分の未来に胸を膨らませ、期待と不安と社会で生きる人間らしい生活を送っていた。

今はニートになったが、それも自分で選んだ道。後悔はない。

クソ真面目すぎる12年前の自分に言いたい。

 

「未来設計図なんて要らない。転ばない人間なんていない。何回転んだって立ち上がる方法を自分で見つけて、また違う生き方を何度だってしていい。

未来はひとつじゃない。」

 

12年前のわたしは細かく自らの未来設計図を立てていた。

そんなことをしていたから、一度転んで未来設計図が崩れた時、どうしていいか分からなかった。

 

好きなとこを仕事にしてもいい。

でも、「自分」が「自分らしく」「生きること」をやめてはいけない。

 

誰のために生きるのではない。

自分のために生きるのだ。

 

10代は親の顔色を伺いながら生きてきた。

20代は会社に尽くそうと思い生きてきた。

 

10代はただがむしゃらに前へ進む。

20代は自分を知るんだ。体力があるから無心で頑張って、失敗しても、また戻ればいい。

 

でも30代は、そこから学ばなかればならない。

 

与えてもらうだけではだめなんだ。

自分も与えなければだめなんだ。

 

自分にも誰かにも愛のある、与えることのできる人間になりたいと思う。

 

 

さてと、アラサーニートは葉桜の中、ひとり花見しようかね。

 

桜が散ってゆく。

満開の桜と、散りゆく桜の花びら。

どちらが美しいのだろうか。

わたしはどちらも美しいと思う。どちらの姿もかけがえのない桜の「本当の姿」なのだから。

 

f:id:tomom-t:20210402213350j:image